現代文の記述指導について

当塾では、受験に必要かどうかにかかわらず記述式の問題を学習します。

記述問題を考えることは、マーク式における正答の選択肢を自ら考えることに近いからです。

マーク式の練習のみをしてきた生徒であれば、問題文を読んだときに改めて該当部を読み直し、すべての選択肢を吟味するといった作業をしていた人が多いと思われます。

記述式の練習をしている生徒が、マーク問題を解く場合においては、常に文章の意味を考えながら読む習慣がついているため、問われていることについて、選択肢を見ずとも記述することが可能です。つまり、実際に記述はしないにしろ、頭の中である程度の解答が出来上がっているため、選択肢をその解答に当てはめ、合致したものを選ぶといった解き方が可能になります。そうなることで大幅な時間短縮ができたり、選択肢の文章と本文を何度も見比べる間違え探しのような解き方をすることもなくなります。

このような解き方は、マーク式の練習しかしていない場合でもできて然るべきですが、目を滑らすだけの生徒が多いため、本文を読み終わった後に何が書いてあったかほぼ理解できておらず、通読した意味が殆ど無いまま問題にあたる生徒が多いように思います。

その意味でも記述式の練習は必須だと言えます。

現代文は、最初から最後まで文章に書かれている意味を理解しながら読むことが大前提です。線部の内容を示している文言がその周辺にのみ書かれているということはまず無いからです。本文を理解した上で、文章全体から必要な要素を抜き出し、組み合わせ、自らの言葉で補って線部について説明するのが記述問題です。

記述問題を反復練習することによってマーク式であっても、常に頭の中で意味を理解しながら読む習慣がつき、センターレベルの問題であればほぼ失点することは無くなるでしょう。