2017年度センター試験 塾生結果について

全国的な大寒波の中行われた今回のセンター試験には、教室から6名(1月現在の在籍生のみ)が挑戦しました。

生徒から報告を受けた結果は以下の通りです。

氏名    ①筆記   ②リスニング ③総合[(①+②)×0.8]
O.Yさん(現役生)    ※     200     46    196.8
Y.R君 ( 〃 )     198     40    190.4
T.Aさん( 〃 ) ※     192     44    188.8
O.Aさん( 〃 )   ※     186     44    184.0
K.A君 ( 〃 )     163     28    152.8
T.Y君 (一浪生)     133     26    127.2
教室平均    178.66     38    173.33

英語の平均点は、Benesse 駿台データネットの中間情報(1/22 現在)では、筆記123.70(昨年最終112.43)、リスニング28.10(同、30.81)となっています。私自身もザッと解いてみましたが、平均点に現れている通り、筆記が若干易化、リスニングが難化したような印象でした。ただ、全体では6割付近というところで、例年と大差ない結果と捉えています。

教室の生徒について言えば、ほぼ私の予想通りのスコアでしたが、リスニングで誰一人満点を取れなかったことは残念でした。一方、筆記で満点は、いくら易化したとはいえ、快挙と言って差し支えないと思います。(表中※印の生徒は英検準1級保有生です。また、今のところ教室生徒の中に帰国子女は一人も在籍していません。)

それにしても、毎年測ったように、平均点に大きなブレがないのは、センター英語の誇るべき特長です。今後どのような問題形式に変化していくのかわかりませんが、センター試験、特に英語試験の「モノサシ」としての精度・信頼性の高さはぜひ踏襲していってもらいたいものです。