高校生のリスニング指導 その3

「高校生のリスニング指導1~2」でご紹介しました、各素材の一部または全部を終了した生徒を対象に、先日から「その3」の指導をスタートしています。

1,2とも、現在のところ、高3生と大学生のみが学習していますが、半年~1年の間、毎週毎週この学習を積み重ねてきている生徒は、顕著に力をつけてくれています。(4月に某予備校主催で実施されたマーク模試では、受験した高3生のうち2名が、リスニング満点でした。)

リスニング問題の得点力は、音に対する慣れ度合はもちろんですが、リテンション(記憶保持能力)との相関が非常に高いものです。リテンションにつきましては、先般少しだけ触れましたが、要は、「聞いた内容をどれだけ記憶しているか」ということです。またリスニング問題は、読解問題のように部分的に英文を読み返すということができない上、英検でも準1級になると、本文も設問も一回しか流されません。全神経を集中させて、聞こえてくる英文(の内容)を頭に刻み付けていかなければならないわけです。さらには英検だけでなく、人数や金額、%などの数字が頻出するTOEICや、教授のレクチャーや学生同士の会話が数分間も延々と続くTOEFLのリスニングなどでは、高いリテンションなくしては全く歯が立ちません。

さて、まだ上記一部の生徒に対してではありますが、先日からスタートしています、この「リテンション向上」を目的としたトレーニングの手順をご紹介します。

①素材は、CEFAR(セファール)のB1レベル、英検2級程度の、内容的に(対象となる生徒にとっては)あまり難しくない英文を用います。記憶保持力を高めることが目的ですので、難しすぎる内容、設問だとかえって訓練にならないと考えるからです。語数にして300~450語くらい、準1級のナレーションリスニングと同程度のボリュームです。(センター試験は200語前後と思います。)

②生徒には、スクリプトの下に5題の設問が付いたプリントを渡します。が、スクリプトも設問も事前には読ませません。聞き終えた(読み終えた)時点の記憶だけを頼りに解答する「トレーニング」を行うためです。

③スクリプトの音声を、150wpm(分速150語)~180wpm(同、180語)のスピードで一度だけ聞かせます。生徒は、半強制的に音声と同じスピードで、スクリプトを読み進めることになります。これは、「高校生のリスニング指導 その1」で行っている、語彙獲得のための手法と同じですが、素材に時事英語を使わない点、設問への解答が必要な点で異なります。

④解答記入は、必ず全文を聞き終え(読み終え)た後に行います。設問の中には、全文を読み切らないと解答できないような内容一致問題も含まれますので、途中で解答することに気を取られると、かえって正答率が下がります。というよりも、読み上げスピードが速いため、途中で設問に目を向ける余裕が、そもそもありません。

⑤解答制限時間は、今のところ音声終了後50秒(1問10秒)としています。スクリプトを読み返す時間はありませんので、生徒は必然的に記憶を頼りに、そこで初めて読む設問に解答することになります。なお、制限時間は、様子を見ながら生徒個々に調整していくつもりにしています。※3週間ほど継続してみまして、制限時間50秒だと、設問を最後まで読み切れないケースが続出しましたので、現在は30秒増やして80秒に設定しています。

手順は、大体こんなところです。下に、このトレーニング用に作成した素材の一例をご紹介します。この場合は、364語の英文を127秒間、172wpmで聞き(読み)、下に続く5つの設問に、50秒以内で解答することになります。ためしに挑戦してみる場合は、トータル制限時間3分で全問解答してみてください。正解は、このページの一番下に載せています。※この問題も、制限時間を30秒プラスして3分30秒とします。

サンプル問題  364 words / 127 sec.  172 wpm
The well-dressed, gray-haired woman was crying her eyes out. She had just been fined $100 by the judge because a month ago her dog made a mess on the front lawn of the courthouse.
“I just got out of the cab and I leashed Poopsie to the light pole. After I paid the fare and gave the driver a dollar tip, I turned around and saw that Poopsie had made a mess. I didn’t have any plastic bags, so I said, ‘Well, Poopsie, let’s go home. There’s nothing I can do about this now.’
“We were just starting home when I heard this voice out of nowhere: ‘Excuse me, ma’am. Is that your dog?’ I turned around. It was an officer of the law. Well, of course, it was my dog. ‘That dog just made an illegal deposit on the courthouse lawn. As its owner, it’s your responsibility to dispose of that deposit. See the sign over there? I’m going to have to write you a citation.’
“I asked him what sign he was talking about. He pointed all the way down to the end of the block. One little sign, a block away! How could anyone see that? I couldn’t see that sign with my best opera glasses. The officer said that I could fight the ticket. He said the judge was a nice old man who owned four dogs. So I said, ‘OK, thank you, I’ll fight the ticket.’
“So when I went to court, I dressed Poopsie up in his prettiest ribbons and made extra sure he did his business first. We were both so excited. I just knew the judge and Poopsie would hit it off.
“But do you know what happened when we got inside? They had a different judge, a judge who is allergic to dogs, and he immediately started sniffling, coughing, sneezing, and looking around. And then he yelled at me to get the dog out of the courtroom. He fined me $100 on the way out without even giving me a chance to talk about Poopsie’s chronic dyspepsia. It was terrible! I’m still upset.”
1. Why was the woman excited before going to court?
  a.    She was sure that she had sound reasons to prove that it wasn’t her fault.
  b.    She thought her dog was lovely and would win a prize.
  c.    She knew the judge would also take his four dogs to court.
  d.    She assumed that the judge would love her dog and rule in her favor.
2. Where was the sign the policeman mentioned?
  a.    At the end of the block.
  b.    In front of the courthouse.
  c.    Beside the light pole.
  d.    Not mentioned.
3. Why did the policeman give her a citation?
  a.    Because the policeman needed money.
  b.    Because it was illegal to make a mess there.
  c.    Because the policeman was allergic to dogs.
  d.    Because the policeman didn’t like her attitude.
4. What does the word “allergic” (last paragraph) mean?
  a.    Organic
  b.    Powerful
  c.    Supersensitive
  d.    Responsive
5. What did the woman do at the court?
  a.    The case came to an end before she could do anything.
  b.    The woman didn’t finish talking about Poopsie’s chronic dyspepsia.
  c.    The woman cried out in court.
  d.    The woman lost her temper and threw away the ticket.

事前に設問に目を通せない、つまり何が問われるかわからないため、冒頭から最後まで内容をできるだけ詳細に記憶し、かつ全体を把握しなければなりません。これに相当な集中力を要する上、制限時間内に全問解答するためのスピードも要求されますから、続けて2題もやれば、結構エネルギーも消耗します。しかしながら、これに取り組む生徒を観察している限り、この先30題、50題と継続したときの成果は、容易に想像できます。

なお、当教室で行う音声指導はすべて、リスニング力の強化だけを意図したものではありません。それは、今回ご紹介した指導についても全く同じです。リテンションの向上は、究極には1000語の英文の「一読即解」にも通じていくものと考えています。

正解:1.  d   2.  a   3.  b   4.  c   5.  a