英語学習の順序

前回少し書きましたが、アメリカ人でも日本人でも、幼児が母国語を習得する過程は、日常会話の中で使われる限られた語彙を、何千回、何万回も聞き、マネして口に出すことから始まります。つまり読み書きよりも聞いて話すことが先です。したがって、読み書きができなくても、話せるようになります。しかし、アメリカ人の子どもや、幼少期を英語圏で生活してきた日本人の子弟であっても、日常会話を越えるレベルの語彙は、読書その他の意識的な知的活動なしには決して習得できません。(海外から帰国した子どもが、今度は日本語の語彙習得に苦労する、という話も現実にあるのです。)ましてや一般的な日本人の子どもが、英語を外国語として「学習する」場合母国語習得と同じプロセスをたどることはほとんど不可能です。あえて可能にするためには、その環境を用意し、しかも膨大な時間(とお金?)を覚悟しなければならないでしょう。ですから、「アメリカ人は英語をシャワーのように浴びている。だから日本人もそうすべき。」といった主張は、大多数の日本人(の子ども)にとっては、まったく現実味のない話です。また一方、「日本人は読み書きはできるが、聞く話すはダメ」とか、「日本の英語教育は文法偏重で英語を使えるようにならない。だからもっと会話を。」というような意見が、「4技能化」という言葉が出てきて以来、特にクローズアップされるようになった感があります。これらの主張も、実に表面的で、ある意味間違っているものが多いと考えていますが、その理由を書き出すと大変な長文になってしまいますので、一応横に置いておきます。

日本人には日本人の、最も効果的な英語学習の順序があるはずで、その順序を間違えると、「労多くして益少なし」と言いますか、結局たいしてモノにならないことは目に見えています。「期待したほど話せるようにもならず、学校で点も取れない。」という状況です。最後に非常に乱暴な結びで恐縮ですが、目指す先がどのようなレベルであろうと、これから英語を習得すべき小中高校生が、まず目指すべきは「読めること」、これに尽きると考えます。確かな読解力の上に、その他の英語のスキルが相乗効果的に身についていく、これは私の確信でもあります。このあたりについても、また追々、書いていきたいと思います。